045-900-6890
9:00~18:00 随時受付
横浜を中心に近郊県外対応

写真はトリミングしてアルバムへ

ホーム » パソコン・ビデオ・ホームページ 役立つブログ » 写真 » 写真はトリミングしてアルバムへ

写真をとってそのままパソコンに保存しておくのも良いですが、せっかくなので行事ごと旅行事にアルバムにして保存しておくと後でみんなで見るときに楽しいです。撮ったままの大きさやサイズでも良いですが、写真の一部分を切り取るとその写真が生き生きとすることがあります。

写真の切り取り方(トリミングのしかた)

この蓮はちょうど花に日があたり良い感じにとれました。 これでも良いのですが周りの水野面積が多いように思います。そこで写真を切り取って(トリミングして)見ます。

もとの蓮の花

写真を3分割構図でトリミングする

切り取るときに縦横3分割されたガイドの線を目安に切り取ります。図はAdobe Photoshopですが、購入したデジカメに無料の画像編集ソフトがダウンロードできる場合が多いです。
この3分割の交点に目線の中心が入ると構図的に安定します。美しい比率と言われている黄金比に近い比率になります。ここでは花の中心が右下の交点と一致しています。
何回も切り取り範囲を動かせるのがデジタルの良いところです。

上の構図のように中心に目線の持ってくるのは日の丸構図といいあまりやらないようです。もちろん特別に意図して行うこともあります。

中央に配置

きれいな花壇ですが遠くか眺めた感じです。もっと近づきたいのですが写真だと可能です。撮るときに望遠レンズを持っていると撮るときに寄って撮ることができます。きれいな紫の花の部分を強調します。

ここで確定します。

あまり変わりませんか、少しのトリミングでも良い感じになります。

用途に合わせた大きさでトリミングする

切り取るときに適当な大きなにならないように比率を意識しましょう。昔のフイルム写真の標準サイズL版を選びました。いろいろサイズが選べるので、インスタグラムは正方形にフェイスブックは4:3に、そしてビデオのタイトルなどは16:9とトリミングして使えます。

不要なものを切り取るトリミング

思わず人物が入ったときや主題を強調したいとき、アルバムの表紙にしたい時もトリミングは役立ちます。

この様にトリミングをすると当然のことながら写真の画素数が減りますので写真があれることがあります。目に見て画質が悪くなる場合は我慢するしか有りませんが、 最近のデジカメは画素数2000万画素など非常に多いのでほとんどの場合大丈夫です。デジカメが最初出たときは30万画素、最初の一眼レフデジタルカメラ(一般の人が購入できる価格)CanonのEOSKissNは600万画素でした。1000万画素以上あれば余程小さく切り取らなければL版2L 版の印刷なら大丈夫です。

予め構図を決めて撮影する

人物で紹介できれば良いのですが、記念撮影でない、普段人が自然に出す動作や表情は素晴らしい物があります。 特に子供の表情は素晴らしい物があります。これにはどんな俳優さんも勝てません。 良い構図で切り取ってみましょう。またこの画面を切り取るクセをつけると、写真を撮るときに構図を意識するようになります。思い通りの写真が撮れると気分がよいです。

カメラ付属の図形編集ソフトでRAW編集とトリミング

撮影段階でこの様なイメージがあると良いですね。構図を考えてひと味違った写真にしましょう。
最近はRAWで写真が撮影できるカメラも多いです。メーカから専用のRAW現像ソフトが無料でダウンロードできます。必ずトリミング機能もついているのでぜひ使いたい機能です。

ホームページ一括作成紹介画像

事業所用のホームページを作りたい。

一昔前まではタウンページに店舗の電話番号を載せてもらって近くのお店を選んでいましたが、最近はスマホやパソコンから「横浜で〇〇をしてくれる会社」等と地域とサービス内容を検索して会社から選ぶ傾向にあります。 ホームページの中で商品やサービスの確認・お問合せ・見積もり・購入・支払いができるようになりました。いわゆるネット販売です。 これからの商売にはホームページは欠かせない物となってきました。またそのホームページが見やすく親しみやすく商売の内容を的確に表していることが大事になりました。
詳しくは

VEGAS Pro18で 32ビット浮動小数点(ビデオレベル16-235)(全範囲0-255)動画編集

GH5 やFZH1 Panasonic G9プロ sonyのα6000シリーズやα7シリーズ RX5シリーズなどLogで撮影できる機種も増えてきました。 今回はFZH1に外部レコーダー「ブラックマジックデザイン Video Assist」で収録した 「ProRes 422 」フォーマットの動画を趣味で編集するためにVEGAS Pro 18を改め使用しました。趣味で少し凝った動画編集をしたい方に参考になればと思います。
詳しくは
動画撮影の勧め

ビデオ撮影とビデオ編集のすすめ

昔はビデオ撮影・ビデオ編集は本当に大変でした。 ほんの少し前までビデオ撮影は大変な作業でした。さらにビデオは編集は編集機器が高額なこともあり気軽に取りかかれる物ではありませんでした。結局ほとんど撮りっぱなしです。編集していないだらだらしたビデオを見ること(見せられること)は苦痛ですらありました。 昔のビデオ撮影・編集が大変な理由 ビデオカメラが大きかった(ビデオカセットが入る)電源、テープ、など撮影するにも準備も大がかりでした。 テープに録画なのでその場ですぐ見るとき巻き戻しなどに時間がかかった。 テープ録画なので編集が高価な編集機材を用意するなど素人にはほとんど不可能でした。 やっと10年くらい前からどうにかパソコンに取り込んで編集できるようになりましたが、パソコンに取り込むのが大変、テープなので取り込むのに撮影した時間と同じ時間がかかるなど不便さがありました。 それでも編集して好きなところだけ並べられる、音楽やタイトルがつけられる、DVDができるなど期待して作業を始めると、パソコンの性能が追いついてなく、フリーズやエラーが多発する。DVDの規格が乱立してしていてどれを選べば良いか分からないなど、悪戦苦闘したものです。 写真も楽しいですが、動画を編集したりみんなで見ることはとても楽しいです。 後で見やすい動画撮影の工夫 お勧め 手ぶれをしないように工夫する。カメラを両手でしっかり固定して(三脚がベスト)撮影する。 写真と同じくピントをしっかりあわせる。ビデオカメラのほとんどの機種がautoでピントが合うと思いますが…ピントだけは後で補正することが極めて難しい、事実上不可能なので注意する。 不用意にカメラを動かさない、基本撮影中ビデオカメラは動かさない。画面の動きが多い映像が後で見たとき疲れます。(画面を見て酔っ払ったような感じになります。)画面も動いて、中の映像も動くのは厳しいです。固定してた画面の中で映像が動くのが良いでしょう。パン撮影(横や縦に動かす撮影)やズーム(拡大する撮影)をする時はゆっくビデオカメラを動かす。 カメラのズームを極力使わない。大きく写したいときはあらかじめズームしておくか、自分が対象物に寄って撮影する。 カット撮りを心がける。だらだらカメラを回して撮影するのではなく、必要なカットに区切って撮影する。連続している内容でなければ1カット10秒以下でたくさんのカットに分けて撮ります。テープカメラの時代は録画停止を繰り返すとタイムロスがありましたが、現在はデジタルメモリー保存なので、気軽に録画停止をくり返せます。 見上げるカット、見下げるカットなども撮影しておく。猫の動画などは猫の目線までカメラを下げたり、もっと下げて猫の顔をしたから見上げるなどユニークなカットを撮っておく。 運動会やピアノの発表会など行事を撮影するときは、会場を下見してどの位置からどう撮るかイメージしておく。会場の風景パンフレット準備の様子など雰囲気の伝わる物も撮影しておく。 旅行のビデオは解説音声やそのときの気持ちなどナレーションをも入れておくと後で見たとき思い出深くなります。 出来るだけ音声は高音質で録音する。ノイズや風切り音、室内ならクーラーの音などに注意する。離れている物を撮るときは音だけ別でICレコダーなどで取れれば良いです。音が良いと映像は格段に引き立ちます。 このようなことに注意してあとは、一つの作品を作るつもりで編集すると楽しいです。 ヤワタ企画ビデオ撮影・編集については何でもお問合せしてください。使い方講習がセットになったビデオ機材の貸し出しも行っています。045-900-6890
詳しくは
アイコン
横浜を中心にビデオ撮影・編集 パソコン・スマホ設定調整 ホームページ作成・作り替えをしている会社です。映像とコンピューターに関する情報をお伝えしていきます。映像とコンピュータの事は何でもお問合せください。

045-900-6890

お役立ち記事
パソコン無料相談DVD作成,DVD編集ホームページ作成格安スマホ窓口リンク画像ホームページトータルパック