パソコンを買い替えるときの購入の目安と購入する際に注意すること

「パソコンが古くなった(どうもスピードが遅い)」「時々調子の悪いときがある」「ハードディスクドライブ の容量が少なくなった」「動画編集などしたいので高性能なパソコンが欲しい」などの理由で新しいパソコンを購入しようとする時の購入の目安と、注意した方が良いことを見てみましょう。

新しいパソコンを買うときの選び方

ノート型にするのかデスクトップ型にするのか

一般的にノート型よりデスクトップ型の方が性能が良く画面が広く使えます。メールと文章を作る程度の使い方なら良いのですが、写真編集や動画編集などあるいはパンフレトなどレイアウトを重視した文章を作るときは、画面が広い方が適しています。どこに設置するかでもほとんど置き場所で決まります。

ノート型でもほとんど持ち運びしないで机の上で作業するのか、(ラップトップパソコン)毎日カバンに入れて持ち運ぶ(モバイルパソコン)のかでは選択は大きく変わってきます。

デスクトップパソコン

量販店行っても色々な種類のパソコンがあるのでどれを選べば良いか

パソコンの性能はおよそ次の4つの要素で決まります。

1.CPUの性能

 

計算の処理速度と一度に複数処理出来るかの速さです。パソコンは全て内部では計算をして処理しています。CPUの性能が高い(処理速度が速い)ほどストレス無く作業が出来ます。
一般的に速度は次の順番でスピードで速くなります。
Pentium 現行型  Celeron   Core™ i3   Core™ i5 Core™ i7
「インターネットをする」「文章を作る」などはどれも十分な性能があります。しかし「複数枚写真を開いて画像処理をする」「動画編集をする」などの使用目的があるときは Core™ i5 Core™ i7などの高性能のCPUが良いでしょう。価格との兼ね合いになります。

パソコンCPU

2.メモリーの容量

パソコンはメモリーと呼ばれる場所(ICチップ)に一時的にデーターを保存して、データー処理を行います。メモリーの容量が大きいほど一度に保存して処理ができるのでパソコンのスピードアップが望めます。
2GB 4GB 8GB 16GB 等倍々で表示される事が多いです。
多い方が良いのですが4GB以上あればほとんどの作業はストレスが無くできると思います。

3.ハードディスクドライブの容量

ハードディスクドライブは大事な写真や文章、動画などを保存して置く場所です。
500GB 1TB 2TB などと表示されます。どの容量でも十分ですが、最近は1TBの容量のある物が多いようです。

ハードディスクドライブ

4.パソコンディスプレイ

毎日見るものなので、自分が見て見やすいものが一番です。実際に見て表示される字の大きさ色の鮮やかさなど自分で確かめて選べば良いのですが、次の様なスペックを理解しておくと良いかもしれません。
解像度:画面表示の粒(ピクセル)の数です。現在は1280×720  1440×1080
1920×1080(フルスペック解像度) 等があります。数の大きい方がきめ細かな映像となりますが画面が狭いと逆に緻密すぎて見にくいということにもなります。1920×1080(フルスペック解像度)はデスクトップのモニターで、モニターの大きさは23インチ以上あると見やすいかもしれません。
将来を見越して4K(3840×2160ドット(UHD))フルスペックを4枚敷き詰めた解像度となります。 初めて見ると目を奪われるほど綺麗で感動的ですが新しい技術などで古いパソコンやスペックの低いパソコンだと対応できないので注意が必要です。

パソコンディスプレイ

その他の選ぶポイント

1CPUの性能 2.メモリーの容量 3.ハードディスクドライブの容量 4.パソコンディスプレイ 

これら4つの内容をおおよそ頭にいれておけば購入するときの目安になると思います。後は仕事でWordやExcelが必要な人はインストール済みの機種を購入するとお得です。Officeソフトのいらない人(本当にたまにしか使わない人)は購入しないで、インターネットに接続されていれば、インターネット上のOfficeを無料で使うことも出来ます。

また日本のパソコンは春モデル夏モデルなど四季に合わせて発売されることがあります。ほとんど性能は変わらないのですが、季節が変わって古くなった機種が安く売られることもあります。また販売店の都合で早めに売り切ってしまいたいなどの理由で割安な事もあります。同じスペックなら安い方が良いのは人情です。

Windows10パソコンにするかAppleのMacパソコンにするか?

これは好みとしか言いいようがありません。どちらのパソコンも出来る事は一緒です。スペックは今まで紹介た内容がどちらにも適応されます。

Windows10パソコンとAppleのMacを比較すると一般的に次の様な事が言えます。

・同じスペックならWindows10パソコンの方が割安な事が多い
・AppleのMacパソコンはiPhoneとデーター交換が完璧(同期している)
・Windows10パソコンの方は汎用の部品を使っているので修理がしやすい、色々なShopで修理が出来る。AppleのMacは修理を一括した場所で行う。

キーボードの上の猫

外観の好き嫌いで決める方も多いようです。現在パソコンはどれを購入しても十分使えますので最後は自分の好みになるかと思いますが、スペックを参考にして選んで見て下さい。